fc2ブログ

近くへいこう blog

房総をオートバイや自転車であそぶオヤジです。

Category :  自転車
tags :  KHS サイクリング 大島
4/11(土)~12(日)  伊豆大島へサイクリングに行ってきました ♪

カシミール 大島
  Google mapへ

竹芝桟橋
竹芝桟橋の客船待合ターミナル内
5:20AMに携帯の目覚ましをセットしたのですが、5:20AMって普段寝る時間より前です・・・
旅行前の昂ぶりもあるし眠れぬまま出発です。
浜松町へと向かう電車は思っていたより混んでいて小径車とはいえ大きな荷物が負担です。
7:30AM浜松町駅北口での待ち合わせにはトップ到着です。
竹芝桟橋まで徒歩。肩に掛かるKHSが重いです。
結構多くのサイクリストがいて自走した人が輪行袋に入れています。

乗船客は沢山の釣人と沢山のサイクリストと少しの観光客と少しのサーファーと少しの島住人という感じでしょうか
往路の船は満席です。

元町港
元町港 到着直後に袋から出して組む人たち
大島元町港へは08:20AM発の東海汽船ジェット船で1時間45分だそうです。
初めてのジェット船でしたが揺れもなく船に乗っている感じはありません。
着いたのは元町港、風次第で「岡田港」へ着くこともあるそうです。

パンク修理直後
パンク修理した広場
到着→予約してあった白岩ホテルまでバスで移動→荷を預け、玄関先で組んで気持ちよくスタート
という予定 は未定
袋から出した我がKHSはフロントタイヤがパンクしています!!
昨夜組んだおnewのチューブとタイヤです、多分リムに噛んでいたのでしょう。
スロー・パンクチャーだったのでQさんのミニ モーフを借りて修理せずに出発します。

パンク地点
ところがホテルのスタートからわずか2km程度でバーストそれもリアです!ピンチです!
なんと前後仲良く噛ましておった愚か者です。。。
リアチューブを交換してまたまたミニ モーフが活躍そして再出発。
大島での貴重な時間を無駄に使ってしまいました。
Gさん、Qさんには本当に申し訳なかったです。

ようやくSTART
ようやくSTART
もたもたしてしまいましたがようやくスタート
今回の幹事役Qさんが調べた時計回りコースです。

野田浜
野田浜のモニュメント
元町港→野田浜間は絶景で島にいるんだと実感しました。

トンネル
大島周回道路のなかには幾つかのトンネルがありました。
トンネル内は涼しくて気持ちいい。房総のような素掘りのトンネルならもっとよかったのに

岡田港
岡田港
こちらに着岸の可能性もありました。
元町港と比べるとかなり寂しい。

大島周回道路
大島周回道路
基本的に車が写ることは稀だと思われる。
人にも車にも自転車にもほとんど遭遇しません。

大島周回道路
時計回りなので常に左手が海。   のはず。

R0020625.jpg
泉津(せんづ)あたりでしょうか、好天と相まって海の色も鮮やか

R0020627.jpg
いつもより清々しいQさん

食堂
食堂ちび
食堂がみつかりません。港を離れると食堂どころか売店もない様子。
地元の人に聞いてようやく見つけた食堂ですが満員で待ち時間有

らーめん
しかも、らーめん かよ (笑)
メニューには麺類と餃子とチャーハンしかありませんでした。
予想したとおり昔懐かしい〝海の家〟のラーメンです。
魚大好きなのに、、、伊豆大島なのに、、、

登り
〝登 り〟
大島には登りしかないのかと思いました。
緩やかなのでまだましなのですけど、登っても登っても登りが続くという印象です。
多分キョンやリスなどを見掛けました。それと多分キョンの罠が多数仕掛けてあります。
多分キョンは島の嫌われ者なんでしょう。
因みに房総でも〝行川アイランド〟から逃げ出したキョンが増えて地元住民は困っています。
悪いのは〝行川アイランド〟なのに住民もキョンも可哀想です。

MTBなら、
これぞ大島という景色です。ジムニーが元気に登っていきました。
「ジムニーなら登れるんだ」と話していたら普通の車も登っていきました??
もしかして、どこか近道?

溶岩よけ
溶岩よけ?
〝溶岩よけ〟でしょうか?10m弱のトンネル状

月と砂漠ロード
〝月と砂漠ライン〟の起点
Qさん曰く 『本場千葉県人ですから登るしかないでしょう。』

登り
やはり凄い登りでした。
登りながら思い出したのですが千葉のは「月の砂漠」ですがな!
結局、私は千切られ二人が終点地点から引き返してきました。
駐車場があってそこから徒歩で登るようになっていたそうです。

波浮港附近
波浮港附近
上の図のように〝月と砂漠ライン〟を頂点に波浮(はぶ)港附近まで一気に下ります。
車もほとんどないし砂や砂利などもなく綺麗な舗装道路なので本当に気持ちのいい下りでした。
ナビゲーターのQさんが「筆島へ寄るのを忘れた」と云っていました。
この時は何のことかよく分りませんでしたが帰ってからwebで調べて何のことだか分りました。

地層断面
地層断面
なぜこの断層が現われたのか知りませんが実物を見ると結構な迫力です。
この地層のひとつひとつに壮大な歴史が詰まっているんですね。

太平洋パノラマ
太平洋パノラマ
地層断面の対面は大パノラマです。
案内板には〝利島〟〝式根島〟〝三宅島〟などの方向が示されていましたが霞がかかって見ることはできません。
ここまでくれば到着も同じです。

お疲れサマンサ
お疲れサマンサ
ホテル到着後『元町浜の湯』という露天風呂に自転車で行きました。
タオルを持っていくのを忘れてしまったのですが露天なので結構素早く乾きました。
水着着用と云っていたので人目につく露天風呂かと思っていましたが〝混浴〟でした。
一昔前の娘さんが一人だけいましたが水着で風呂に入るのは少し違和感がありました。
 そして砂はらい &食 事timeです♪
大島ということで海の幸三昧を想像していましたがそうでもありませんでした。
自分でバンバンする天ぷらはちょっと面倒でしょうか・・・

因みに、朝食はアジの開き・焼きのり・温泉卵・味噌汁等 超定番でした。
なぜか旅先の超定番朝食は旨いんですよねー

HOTEL 白岩
HOTEL 白岩
宿泊した白岩ホテルです。お世話様でした。
夜は即行で寝たのですが暑さと物音で起きてしまいました。二人は起きているようです。
寝苦しいです。鼻も詰まっています。
鼻が詰まるとイビキをかいてしまうので二人を起こしてしまったのでしょうか?
花粉症用の点鼻薬を注して暫くすると鼻が通りました。
部屋の中はカラカラで、冷蔵庫の水を飲み喉を潤して眠りにつこうと努力しますがなかなか寝付けず携帯に入れた音楽をイヤホンで聴きながらボケ~~っとしているうちに眠くなりました。

月曜日は仕事なので10:45AM発のジェット船に乗ります。

元町港へ
元町港へ
楽しい時間も終わり帰らなければなりません。
元町港待合所の近くでお土産を買って船を待ちます。

あんこ椿
あんこ椿
港附近をウロウロしていると見知らぬ女性から写真を撮ってくれと声を掛けられました(笑)
大島に来て初めて見たアンコ椿です。貴重品です。

ポスト
元町港前のレトロなポスト

壁画
元町港に着くと迎えてくれるタコの絵です。
このタコ女性を襲おうとしているようですが女性は気付いていません。
写真の男性も女性も迎えてくれません。迎えてくれるのはタコレンタカー屋です。

愛
東海汽船のジェット船は〝愛〟〝夢〟〝虹〟の3隻らしいです。
 夢で来て愛で帰る。 メルヘンです。

午前の出航なので船内はガラガラですが相変らず波を感じない航海です。
写真手前のピンクが〝愛〟後ろが〝虹〟です。

竹芝桟橋より
竹芝到着

竹芝桟橋到着
竹芝客船ターミナル

竹芝桟橋到着2
竹芝で昼食をとり
浜松町駅へ電車内で解散しました。

JR千葉駅
JR千葉駅の人気の少ないところでスロー・パンクチャーしたフロントタイヤに
空気を入れ自転車で少し遠回りをして帰りました。

桜の花びら

桜の花びら


自宅近くの桜並木を通ると花の絨毯状態

同行のQさん、Gさんありがとうございました。
  伊豆大島は思っていたより坂の多い所でした。
  小径車をチョイスしたのは失敗だったし、
  ケアレスミスで迷惑を掛けてしまいました。

それでも楽しい楽しい二日間でした。
また、行きたいな大島 ♪
スポンサーサイト




コメント

ありがとうございます
いつ読んでもツーレポは楽しいですね
皆さんが楽しんだ様子がよくわかります。
次回は参加したいなぁ・・・・
千葉の白浜の夏合宿はどうでしょう(笑)
2009/04/15 08:31  桑畑三十郎  URL  #mpmOtquc  編集

白浜 ♪
白浜いいですね、輪行するために買ったKHSです。
実は、最初に行くのは館山と決めていました。
実際には大島になってしまいましたが(笑)
2009/04/16 03:30  bird  URL  #-  編集

No title
さすがに旅の様子がよくわかります。
めちゃめちゃいい思い出ができました。
楽しかったですね。
またどこか行きましょう。
おお白浜でした。
2009/04/19 22:07  GORO  URL  #-  編集

No title
コメント ありがとうございます。
ホント楽しかったです。
登っている時は苦しいのに後のなると妙に懐かしくなりますよね。
でも、一番苦しかったのは
  ・ パンク修理中
  ・ 寝苦しくて、寝付けない夜

でした。
2009/04/20 22:43  bird  URL  #-  編集

あっという間でした。
birdさん
遅ればせながらのレスです。
旅行の様子が手に取るように思い出される楽しいレポートですね。
先日の、日テレ「鉄腕ダッシュ」で大島を取り上げていて、
例の地元車が上っていった先に、黒い砂漠があったようです。
また、機会があればチャレンジしましょう。ね!

でも、その前に、黒ではなく、”白”浜でしょうか。
2009/04/22 23:49  ケセラ  URL  #-  編集

こんばんは~
お陰様ですごく楽しかったです。
思い切り足を引張ってしまいましたが此れに懲りずまたよろしくお願いします。

   引張り続けるんだろうなー
2009/04/23 23:18  bird  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://birdeye4451.blog54.fc2.com/tb.php/51-8dbbc25e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)