fc2ブログ

近くへいこう blog

房総をオートバイや自転車であそぶオヤジです。

Category :  未分類
tags : 
1月13日(sun) は穏やかな休日でした(仕事してたけど)
翌14日は成人の日  (・。・)y─┛~~
でも、お天気はKYな降雪

雪の降った深夜というか未明、長靴を履き三脚を担いで北斗七星の写真を撮りに畑を目指しました
もう、



       変態です


00DSC07162a.jpg
西の空。オリオン座と冬の大三角形 三角形左下がシリウス

00DSC07167a.jpg
北の空。北斗七星、ビッグディッパー。 丸印が北極星 多分、、
見えませんでしたが、北極星を挟み反対側にカシオペヤ座があるはずです

カメラは長時間露光すると目に見えぬモノも映しだします
実際には北極星付近には他の星は見えませんから北極星の特定は簡単です
(北極星は2等星だそうだけどもあまり明るく見えません。距離431光年!!らしい)

下の画像2枚も目に見えているのは遠くに光る街灯だけでした

00DSC07165.jpg
ここ、一応道路  (@@;)

00DSC07173.jpg
午前2時頃の画像です


そして翌日雪の中、まずはデザートを頂きに
00DSC07497.jpg
“いま cafe” 緑区 赤井町の少し手前 酒屋さんのお店

00DSC07496.jpg

00DSC07489.jpg
コーヒー、ハーブティーとアイスが美味しいお店です


ディナーは田舎の割にお洒落な中華
00DSC07502.jpg
“天新” 若葉区千城台

00DSC07517.jpg

00DSC07510.jpg

00DSC07512.jpg

00DSC07514.jpg

00DSC07516.jpg
諸事情により主食とデザートの順序が逆になってしまいました
天新さんは、以前はもっと旨かったと思うんですが
最近はあまり行かなくなりました

近所なのですごく残念
   /_-)



にほんブログ村 自転車ブログへ 



(一)
雪の降る街を 雪の降る街を
思い出だけが 通り過ぎてゆく
雪の降る街を 遠い国から落ちてくる
この思い出を この思い出を
いつの日か つつまん
温かき幸せの ほほえみ


 (二)
雪の降る街を 雪の降る街を
足音だけが 追いかけてゆく
雪の降る街を 一人心に満ちてくる
この悲しみを この悲しみを
いつの日か ほぐさん
緑なす春の日の そよ風


   (三)
  雪の降る街を 雪の降る街を
  息吹とともに こみあげてくる
  雪の降る街を 誰も分らぬわが心
  このむなしさを このむなしさを
  いつの日か 祈らん
  新しき光り降る 鐘の音


『雪の降る街を』
   作詞:内村直也
   作曲:中田喜
 
スポンサーサイト




コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://birdeye4451.blog54.fc2.com/tb.php/504-80fb35bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)