fc2ブログ

近くへいこう blog

房総をオートバイや自転車であそぶオヤジです。

Category :  自転車レース
tags : 
春にはスギ花粉もやってくるけど、
サイクルスポーツシーズンもやってきます

アルベルト・コンタドール01
  今年もコンタドールとシュレック兄弟のバトルを観たい

cyclingtime.com に依るとコンタドールのドーピング疑惑の裁決は2/15らしい。
よく分からないことだらけだけど、
『検出されたクレンブテロールの量は50ピコグラムと見積もられており、これは規定された禁止量の
約400分の1程度の量である。』
といった記事や当人の同僚やライバル等関係者の声はコンタドールは潔白なのではないかと感じる。
少なくとも人望はあるんだと推測できる。
本人潔白なのならばあまりに可哀想な状況にいる。
しかも、自分の意志ではなく食物から誤って採ったとしてもツール2010の総合優勝のはく奪と一年間
の出場停止処分(クロなら2年間)になるらしい。

『我々はWADA(世界アンチドーピング機構)が報告書を持って来るのを待っている。それを手に入れ
ればすぐ、我々は数時間以内に決定を下すだろう。要点はもうすぐわかると思う』
UCI(国際自転車競技連合)のパット・マッケイド会長の発言が書かれたのは2010/11/4 のcycling
time.com
の記事だ。

尿検査以外の資料を把握しているこを示唆する強気なコメントだけど、数時間後の記事はなく結局
3ヶ月も掛けて裁定・・・
検査日に至っては7月20日

因みに、ドーピング疑惑はランス・アームストロングにも存在している。


W杯や五輪、F1界、果てはアジアの蹴球大会まで裏側は無残。  実際に見てるわけじゃないけど

日本のスポーツ関係者は非難されることも数多くあるし、私も書いてるけど、、世界規模でみたらクリー
ン過ぎるくらいクリーンだと思う。その点は誇れる。
そういう意味で自分とは関係のないところで苦境に立たされてしまうことの多い今回の日本代表やスケ
ートの浅田選手等には是非々々頑張って貰いたい。


にほんブログ村 自転車ブログへ 



クレンブテロールとは、どんな薬品?
クレンブテロールは、脂肪の燃焼効果がある薬品で元々は、ぜんそくの治療に使われている
ものだ。クレンブテロールを摂取すると脂肪代謝が始まり、脂肪分解から減量につながってい
くと言われている。また、ぜんそくや他の呼吸系の病気を抱える患者は肺の中の細気管支の
気道が小さくなっているが、クレンブテロールには狭くなった細気管支を広げる効果がある。
自転車にとって、クレンブテロールがもたらす効果は明らかだ。また、この薬品は絞った身体
を維持したいボディビルダーが多く使用している。

これ欲しい。

スポンサーサイト



コメント


コンタドールデス。
コトシハ、サクソバンクデ、
カツヤクスルツモリダッタノニ
ザンネンデス。

「コンタドールです。
今年はサクソバンクで活躍するつもりだったのに残念です」
日本語訳

アラシロセンシュノ、ユニフォームモカワッタヨ!
2011/01/29 21:34  GORO  URL  #-  編集

oh!
コンタドールさんからコメきた!
しかも翻訳付!?

            ラッキ~♪

ユニフォームが変わったというのはチームが変ったのかと思いきや、ユニフォームそのものが変ったんですね。
よかった。
落車→怪我をしたようですね。
香川選手ほどの大怪我ではなさそうなのが不幸中の幸いです。
2011/01/31 04:09    URL  #HWwrFOy2  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://birdeye4451.blog54.fc2.com/tb.php/282-49366283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)