fc2ブログ

近くへいこう blog

房総をオートバイや自転車であそぶオヤジです。

Category :  自転車
tags : 
さてさて、グランツールの最後ブエルタ・ア・エスパーニャがいよいよ始まります。
スペインのマドリードまで3337kmのレースです。

main.jpg
今、プレゼンテーションの最中ですが停電のため中断しています(笑

下の動画は数あるグランツールの有名なシーンの中でもとりわけ知られている
2003年、Tour de France 第9ステージ の映像です。
Telecomのヴィノクロフを追走するEroskiのホセバベロキとUS Postalのランスアームストロング。
ダウンヒルの最中ホセバベロキが落車するシーンです。



ランスはさすがよく避けたものです。この時ベロキは複数箇所の骨折と打撲を負っています。

自分の中では今は表彰のときにいつも後ろにいるベルナールイノーが落車して顎を確か骨折
アシストのグレッグレモンに助けられ総合優勝するのだけれど、その時顔面から流血しながら
登坂するイノーの姿に深く感動しました。
この頃たぶんNHKだと思うのだけれどダイジェストで放映していました。1985年の話です。
翌年イノーはレモンの総合優勝のための協力を約束しながら裏切るというダーティーな面を見
せたのだけれど結局レモンが初の総合優勝をしました。
当時自転車レースは欧州人による欧州のスポーツだと思っていたので米国人のレモンの優勝
には驚いた覚えがあります。

この頃ロードレースが好きでしたがナゼか自分でやってみようという気にはなりませんでした。
まだ若い頃だったので始めていれば今頃はスゴイおっさんになっていたかもしれません(笑
インデュラインが活躍し始めた頃まではとても好きでしたがその後モータースポーツに
興味を持ったためロードレースはすっかり忘れていました。

さて今年のブエルタ、最有力はアンディーとフランクのシュレック兄弟らしいですが休養
タップリのフランク有利か?
果たしてどうなることやら、S.シャバネルは出るのかな?

スポンサーサイト




コメント

下りでペダルを漕ぐ人たち
どぇ~見ました。実に恐ろしいですね。下りでペダルを踏み込むなんて、私にはとうてい出来ません。今度バードさん見本を見せてくださいませ!

我々はツール・ド・ura磐梯ですね。総合走破距離700キロ!って自動車の移動が90%以上ですが(汗)
次企画として、琵琶湖周回、比叡山ヒルクライムです(ホンマカ!)
2010/08/28 08:44  桑畑  URL  #mpmOtquc  編集

>下りでペダルを漕ぐ人たち
プラスティックに毛が生えたようなパイプフレームに
接地面なんか数平方センチのタイヤで 90km/hとか
ちょっとヘンですよね。
プロツールの大会は少し前まで下りは被っている選手
もいましたがノーヘルだったしね。

アマチュアの選手はあのノーヘル姿にあこがれていた
そうな、、

因みに飲みながら書いたせいもあって文章がへんですね・・・

福島は気候的に丁度よさそうですね。
頑張って700km走りましょう。




   車で、



2010/08/28 16:29  bird  URL  #-  編集


グランツールですが、
放送時間が堅気の人には合いません。
いずれ科学が進歩すると
時差も無くなり
欧州のレースも夕飯を食べながら観戦できる
そういう時代が来るでしょう。

2010/08/28 21:44  GORO  URL  #-  編集

goroさん、
ジロやツールの時は仕事が終わると放送も終わっていました。
その点ブエルタは丁度良い時間帯です。

ウチだけ科学が進んでいるのかもしれません。

2010/08/30 01:40  bird  URL  #-  編集

↑ のコメント
しかりと勘違いしていました。
プレゼンは朝方までやっていたのでそういう時間帯かと・・・

今日も既に終わっていて、まだ一度も観ていません。
2010/09/02 03:10  bird  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://birdeye4451.blog54.fc2.com/tb.php/222-a625afa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)