fc2ブログ

近くへいこう blog

房総をオートバイや自転車であそぶオヤジです。

Category :  月齢カレンダー
tags : 
2403.jpg




3月から4月ポンスブルックス彗星
3月 8日 月と火星が近づく
3月11日 月と水星が接近
3月14日 月と木星が近づく
3月23日 ポンスブルックス彗星が6等星から5等星へ


 新月 3/10
 満月 3/25

ポンスブルックス彗星、肉眼では確認は難しいと思います
双眼鏡があれば、日が落ちた頃、西北西の比較的低い空を観てみましょう


加藤内閣府特命担当大臣の答弁を聞いていたらなぜか小学校のほんわか学級会を思い出してしまった。
でも、小学校の学級副委員長の方がしっかりしていたように思う。
異次元のポンコツ。

子供を増やしたいからと税金を増やすのは本末転倒


自民党はスケベ和歌山とおこちゃま議員と脱税クソ野郎と求心力も判断力もない総理しかいないどぉーーーにもならん党になったものです。。。


都賀駅近所にあるハワイアンカフェ「kope」3/19から開店20周年記念
1DSC05382Au.jpg

1DSC05394.jpg

00DSC05390.jpg
近くではないので、たまに行くカフェ
マスターはちょっとオモシロイ人。コーヒーは旨い。ベリー系のケーキが好きです。
ハワイアンなので アサイーなんかもあります
ケーキや食事は早いサイクルで変えています

0A7_06777.jpg

0A7_07135.jpg
連れが駅方面に行ったときには、豆やケーキを買ってきてくれます

そうそう、20周年記念フェアをやると云ってるんだけど、

   『数え直してみたら19年目だった。』


ホントなのかジョークなのかわからない。。。



塗料缶で二次燃焼ストーブを造ってみました
ひとつは、4L缶+2L缶。ひとつは、2L缶+1L缶です
0A7_06534.jpg

0A7_06792.jpg

0A7_06800.jpg
作り方はかなり簡単で、

1. アウターになる大きい方の缶の下25mm程度のところにやや大きめの孔(φ16、@30mm程度)をあける。アウターはこれだけ
2. インナーになる缶の取っ手を外す(ペンチかプライヤーで力ずく)
3. 底にφ10~φ6くらいの孔を無数(沢山)あける
4. 上から20~25mm程度のところにφ6~φ8 @30mm程度の孔をあける
5. アウター缶にインナー缶を挿入

5.はピタリという訳ではないのですがほぼピタリです。今回の場合4L+2L缶の場合、若干緩くすっぽりと入ってしまい、2L缶の上のリップ状のところをペンチで外に拡げました。
逆に2L+1L缶の場合若干きつくて入らないので、缶の下のリップ状のところをペンチで内側に曲げスリム化して挿入しました。

インナーの上部孔は孔と同程度の棒状のものを差してクイッとよじる(?)とトルネード状の炎になりますから必ずやった方が良いかと思います

缶2ヶとφ15、16程度のホルソー、φ6~φ8程度の鉄鋼ドリル刃、孔周りのバリを取るものが必要になります。
それと、ドリルは必須

材料と道具さえあれば30分程度で作れます
塗料缶は薄いので作るのは容易なのでけど、耐久性は乏しいかと思います

0A7_06666.jpg

0A7_06643.jpg

0A7_06680.jpg

0A7_06691a_20240319015541596.jpg

0A7_06696.jpg
炎は美しく、子供は観ていると必ずオネショしますね


0A7_06834.jpg

0A7_07051.jpg
これは、段ボールで炭とオガ炭の火起こし
かなり強い炎だとわかると思います

0A7_07059.jpg

0A7_07096.jpg
自分の買ったオガ炭はかなり火付が悪く、着火剤やバーナーでは刃が立たなく 3年ほど前に買ったのですが、放っておいたものです。自作ストーブのお陰でこの冬にようやく使うことができました。
火がついてさえしまえば火保ちもよく臭いもなく気に入ってます。

我が家では自分が子供の頃から母親が火鉢で炭を焚いていたので、冬場は当たり前のことになっています
母は和歌山(?)備長炭をどこからか取り寄せていましたが、私はショボイ炭をAmazonやコメリなどで買ってくるのでニオイがきついですね。
臭いも火保ちも全然違います。多分値段も全然違うはずです。それでも24時間暖房システムとして優秀かと思いますが、古い日本家屋では良いんだけどRC造の集合住宅等密封性の高い家屋では一酸化炭素の心配があります。
ウチも隙間風の多いボロ家ですが一応、一酸化炭素チェッカーはぶら下げています。炭は良品を買うべきですね、、、



2/21 久しぶりに本埜村へ

0DSC05351.jpg


白鳥を観に行ったのだけど、一羽もいない! いつもいるボランティア(?)の人に聞いたら
『いつもより早く昨日、仲良く渡って行きました』とのこと、暖かったからねぇ、、、
実は、前週コミミズクを観にも行ったのだけど誰一人おらず聞くことすらできませんでした。

DSC05353Au.jpg
また来てね~~



0DSC05326Au2.jpg

「佐倉野鳥の森公園」や「ふるさと広場」も久しぶりに行ってっみました。
「ふるさと広場」はこの時期、何も咲いていないのけれど人出は多いですね
DSC05296Au.jpg

0DSC05316Au2.jpg

0A7_06587.jpg

0A7_06598.jpg


「佐倉野鳥の森公園」には野鳥観察舎があるのだけれど肝心の野鳥はあまりおらず、目白、ヒヨドリ、エナガとシジュウカラが遠くの方にいただけでした。でも観察舎は鳥と同じ目線レベルで観ることができるので有効です。泉公園にはないので鳥は下から観ることになってしまいます





にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 自転車ブログへ 


スポンサーサイト