fc2ブログ

近くへいこう blog

房総をオートバイや自転車であそぶオヤジです。

Category :  月齢カレンダー
tags : 
2202.jpg



  2/ 1 新月
  2/17 満月

2月 3日 月と木星が近づく
2月 4日 立春
2月13日 金星が最大光輝、日の出前の南東の低空に見える
2月17日 水星が西方最大離角
2月18日 金星の高度が最大の頃
2月27日 月と火星が近づき金星も見える

 和風月名(わふうげつめい)

壱月 睦月(むつき) 正月に親類一同が集まる、睦び(親しくする)の月。
弐月 如月(きさらぎ)衣更着(きさらぎ)とも言う。まだ寒さが残っていて、衣を重ね着する(更に着る)月。
参月 弥生(やよい) 木草弥生い茂る(きくさいやおいしげる、草木が生い茂る)月。
肆月 卯月(うづき) 卯の花の月。
伍月 皐月(さつき) 早月(さつき)とも言う。早苗(さなえ)を植える月。
陸月 水無月(みなづき、みなつき)水の月(「無」は「の」を意味する)で、田に水を引く月の意と言われる。
漆月 文月(ふみづき、ふづき) 稲の穂が実る月(穂含月:ほふみづき)
捌月 葉月(はづき、はつき) 木々の葉落ち月(はおちづき)。
玖月 長月(ながつき、ながづき)夜長月(よながづき)。
拾月 神無月(かんなづき) 神の月(「無」は「の」を意味する)の意味。全国の神々が出雲大社に集まり、各地の神々が留守になる月という説などもある。
拾壱月 霜月(しもつき) 霜の降る月。
拾弐月 師走(しわす) 師匠といえども趨走(すうそう、走り回る)する月。


  面倒なのでコピペです

「睦月」 “新しい年のはじめからみんなで仲睦まじく過ごしましょう”と記憶していたとても好きな呼称。いい感じ♪

「弥生」 中学校は自分等の小学校と弥生小学校の学区でした。“弥生”という響きはなんだか垢抜けて聞こえました。

「文月」 織姫と彦星が七夕を控え手紙を書いたのか、逢ったあとに手紙を書いたのか、兎に角、手紙(文)を書く月と思ってた

「神無月」 “神の月(「無」は「の」を意味する)の意味。”は初耳。出雲大社へ出張して神が不在になると記憶していた。
最初に聞いた説であるし、11月のことを“神帰月”(かみがえりつき)という別名があるくらいなので“出張”説が正しいかなぁと思っています。


0DSC09414.jpg
仕事で行った成田空港だけど、飛行機が超少ない。人数も超少ない。

     なんてこったい!!


2022.01.06 の降雪
0DSC09496.jpg
前回書いた黒猫がいる付近です。畑の道端なんですが、車で行ったらどこからか走ってきました。
可哀想だけど家に連れ帰るほど馴れてないのでカリカリとパウチを与えて帰りました、、、  切ない、、、

因みに、いなくなった親猫はたまに食べに来ます。 多分♂白猫は戻ってきました。
今は彼らのシーズンなので時々ですが、、 


0A7_01367.jpg 0A7_01310_20220210213339736.jpg
Amazonで購入の金属磨き、元々自作アルコールストーブを磨くために買ったのだけど
仏具がやたら汚いので磨いてみた

0A7_01458.jpg 0A7_01482.jpg
何故か鈴はあんまり綺麗にはならなかったけど他のものは買った時より美しい \(^o^)/

昔はネバダルという外国製品を使っていたんだけどAmazonで探したら国産のものがありました。
使用感に差は感じられませんでした。昔はネバダル一択でした。


  

ホントはこのあとマザーズで磨いたらもっと光るはずです。


稲敷にバードウォッチングに行ってきました

000DSC09750Au2.jpg

マジェスティで行きたかったのですが、直前になって寒さからめげてしまいました (・_;)

現場では2時間半くらい突っ立っていたので、車で行ったのは正解でした。
多分生きて帰れませんでした。   〓■● ポテッ


0EOS_5969.jpg

0EOS_5961.jpg
タゲリさんが迎えてくれました  可愛い

0EOS_6080.jpg
寒風吹きすさぶ中、突っ立っている間ほぼずっといました


0DSC_8658.jpg

0EOS_6015.jpg
チュウヒが時折滑空していたのですが、やたら遠い
この日はCANON 7D + 400mm望遠 + 1.4倍テレコンなので 35mm換算400×1.6×1.4=896mm
なのですがそれでも大トリミングしないと豆粒みたいな写真しか撮れませんでした

0EOS_5992.jpg
上のと同じのをトリミングしたつもりでしたが違うショットでした (/_;)

0EOS_5990.jpg

0EOS_5985.jpg

09EOS_6070.jpg
0EOS_6066.jpg
 ハイイロチュウヒ の♀かと思います (上2枚)
この日はこのハイイロチュウヒの♂ が目的でしたが諦めかけた16時過ぎやはり
遠くの方を滑空してくれました ( ^)o(^ )

0DSC_8684.jpg

0DSC_8682.jpg

0EOS_6082.jpg

どのくらい遠いかというと
0EOS_6092org.jpg
これがオリジナル  35mm換算 896mmで撮ったものです

0EOS_6092b.jpg
それをトリミングしたのがこちら

希少でかっこいい猛禽です

他の撮影者達はあまりに遠く時間的にも1分未満の登場に残念がっていましたが
私は初めて見ることができたので満足でした。

気温が低く風も強く辛い2.5時間でしたが現れてくれて良かった  \(^o^)/




にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 自転車ブログへ 







スポンサーサイト