fc2ブログ

近くへいこう blog

房総をオートバイや自転車であそぶオヤジです。

Category :  未分類
tags : 
090430_1.jpg

090430_2.jpg

今日の空を見たでしょうか?
どこを見回しても雲ひとつありませんでした。

こういう日の飛行機からの眺めはどんなでしょう



スポンサーサイト



Category :  自転車
tags :  KHS
買ったばかりのサイコンが壊れた。
心拍表示しなくなったのだが多分センサーが壊れたと思われる。
cateye社へ連絡したら期日入りの領収書等買った日付を証明するものと
サイコンを送れば2年以内なら無償(?)で修理してくれるらしい。
TR300TW
探したのだけれど納品書とか領収書とかは見つからないし保証書にも
日付や店舗名は記入されていない。
まぁ、コレ新しい機種で発売後2年も経っていないのだけれど・・・


 さてさて、全然身体を動かしていないので「吉野養蜂園」へ蜂蜜がないか見に行くことに
何度か行っている東金有料道路やまだICの近所です。

yosi01.jpg

途中にある千葉酪農農業組合(?)です。確か今年の干支のウシくんです。
カエルくんではなく子牛と一緒です。


ない!
あちゃ~、もう4月も終盤ですから置いてるのではと思ったのですがありません。
¥100のゴボウがあったのですが買いませんチャリだし、
ロードで来た時より遠くに来た気分デス。

yosi03.jpg
以前スペシャライズドのALEEZ(アレ)よく来た所です。
可哀想にロードなのにこんな道を走らされていました。

交流センター
〝富田町都市農業交流センター〟です。秋にコスモス祭りをやるところなのですが
かなり整備されました。

yosi05.jpg
〝芝桜〟が植えられたばかり、もう少し経てばピンクの絨毯になりそうです。

yosi06.jpg
いつもの田圃道を帰ります。
農繁期なので田圃は賑わっていました。

yosi07.jpg
コサギとアオサギです。最近増えていると感じます。



dist  30.9km
time 01:28:24



Read More...

2009/04/28
~うどん~

Category : 
tags : 
博物館
青葉の森公園にある「千葉県立中央博物館」 '9.05.31まで蜘蛛展をやっているようです。
少し興味があります。
かなり高いビルの建設中の鉄骨に登っても最初の住人は〝クモ〟です。
おまえこんな高いトコどーやって来たの?って思います。

青葉の森
青葉の森公園には彫刻が沢山あります。
まぁ、よく解りませんけど。

チューリップ
チューリップも終わりです。
この花壇次はなにが植えられているんでしょう。

 私も時々炊事を担当します。
この日は〝うどん〟です。
麺類・カレー・混ぜご飯・ステーキの時には私が作ることが多いです。
うどん07
この日は〝みょうが饂飩〟です。

ud001.jpg
大葉(シソの葉)を細の目に切ります。

ud002.jpg
ud003.jpg
ミョウガ・長ねぎも同じように切ります。

ud004.jpg
ナスを輪切りにします。厚さは1.5cmくらいでしょうか割と厚目です。
フライパンで炒めます。オリーブ油で炒め最後にごま油で風味をつけました。

ud005.jpg
うどんは好みですが記載の時間より少し短目に茹でています。
茹ったらよく洗います。

ud006.jpg
上記のものを皿に盛って出汁を掛け捻りゴマをします。
生姜を擦りました。七味でもokです。

出来上がったのが上の写真。
美味しいですよ。
うどんではなくお蕎麦でも美味しいです。



Category :  自転車
tags : 
本日ミニ・サイクリングです。
9:30AM ちはら台公園へ集合3分前に着。。。。

BさんのNew bike お披露目のはずだった。
残念ながら間に合わなかったようで Cannondale で颯爽と登場。
近場の笠森観音までノンビリサイクリングです。

村田側の鯉のぼり
Gさんの先導で村田川沿いに走ります川を沢山の鯉のぼりが泳いでいます。
春爛漫という言葉がピタリな陽気です♪

R406
あっという間に R406 観音様はすぐ近くです。

笠森観音寺
茨城から来たBさんは初めてなので拝観していました。 拝観料¥100也
私も2~3回拝観しましたが階段・床がちょっと怖いことになっていることくらいしか覚えていません。

長柄ふるさとレストラン
ふるさとレストラン「味の里」 で昼食。時間は 11:55AM と、グッドなタイムスケジュール

ソフト
ソフトクリーム 頭を舐めてしまいました。

ごち
Bさんは偶然にも旧友に遭遇したらしく話しこんで離れません。
Gさんと待ちます。

市津湖
市津湖の周辺遊歩道です。ノンビリと周回しました。
日曜日というのに人は少なく走りやすいです。

東屋
東屋風の休憩場で休みます。この日Bさんの
COLNAGO Primavera 105仕様 が納車予定  デス。
Bさんは常時鼻歌交じりでルンルン

  いつだって どこにだって
   はてしない 空を風は歌ってゆくさ
  今だけの歌を
  心はあるかい 愛はあるのかい
  スプーンとカップをバッグにつめて
   今が通りすぎてゆく前に
  道のむこうへ 出かけよう
   今が通りすぎてゆく前に
  愛のプリマベ~ラ 愛のプリマベ~ラ


舌も脚もクルクルよく回っていて、全然追い着けませんでした。

この後Gさのリードで農道をスイスイとかえりましたがそのシチュエーションがなんともよかった

いつものところ1
いつものところ2
解散後 ちょっとだけ遠回りして帰りました。
Bさんトコの自転車屋さん今日は早仕舞いすればいいのに(笑)

今日は天気も良く暑からず寒からず、最高の自転車日和でした。
Gさんの先導でしたがなかなかいい道で今度長柄方面に行った時には利用させて貰ぉ。

長柄ダムにあった「アウトレットコンサート」はなんと全て閉店。入口も閉鎖していました。
アウトレットコンサート
広大な土地開発と数々の建築構造物。なんだかなー
広い広い駐車場に人影はなく見ていると悲しい気持ちになります。

先週の伊豆大島旅行の際、露天風呂の中で地元の人たちが「今日放映だよ」
オラ写るとかカットされただとかと言っていた〝ソーラーカーダン吉日本一周〟今やってるわ


ところで、ホントの集合時間は 9:00AM m(_ _)m

Dist  80.8km
Time 03:30:23




Category :  自転車
tags :  KHS サイクリング 大島
4/11(土)~12(日)  伊豆大島へサイクリングに行ってきました ♪

カシミール 大島
  Google mapへ

竹芝桟橋
竹芝桟橋の客船待合ターミナル内
5:20AMに携帯の目覚ましをセットしたのですが、5:20AMって普段寝る時間より前です・・・
旅行前の昂ぶりもあるし眠れぬまま出発です。
浜松町へと向かう電車は思っていたより混んでいて小径車とはいえ大きな荷物が負担です。
7:30AM浜松町駅北口での待ち合わせにはトップ到着です。
竹芝桟橋まで徒歩。肩に掛かるKHSが重いです。
結構多くのサイクリストがいて自走した人が輪行袋に入れています。

乗船客は沢山の釣人と沢山のサイクリストと少しの観光客と少しのサーファーと少しの島住人という感じでしょうか
往路の船は満席です。

元町港
元町港 到着直後に袋から出して組む人たち
大島元町港へは08:20AM発の東海汽船ジェット船で1時間45分だそうです。
初めてのジェット船でしたが揺れもなく船に乗っている感じはありません。
着いたのは元町港、風次第で「岡田港」へ着くこともあるそうです。

パンク修理直後
パンク修理した広場
到着→予約してあった白岩ホテルまでバスで移動→荷を預け、玄関先で組んで気持ちよくスタート
という予定 は未定
袋から出した我がKHSはフロントタイヤがパンクしています!!
昨夜組んだおnewのチューブとタイヤです、多分リムに噛んでいたのでしょう。
スロー・パンクチャーだったのでQさんのミニ モーフを借りて修理せずに出発します。

パンク地点
ところがホテルのスタートからわずか2km程度でバーストそれもリアです!ピンチです!
なんと前後仲良く噛ましておった愚か者です。。。
リアチューブを交換してまたまたミニ モーフが活躍そして再出発。
大島での貴重な時間を無駄に使ってしまいました。
Gさん、Qさんには本当に申し訳なかったです。

ようやくSTART
ようやくSTART
もたもたしてしまいましたがようやくスタート
今回の幹事役Qさんが調べた時計回りコースです。

野田浜
野田浜のモニュメント
元町港→野田浜間は絶景で島にいるんだと実感しました。

トンネル
大島周回道路のなかには幾つかのトンネルがありました。
トンネル内は涼しくて気持ちいい。房総のような素掘りのトンネルならもっとよかったのに

岡田港
岡田港
こちらに着岸の可能性もありました。
元町港と比べるとかなり寂しい。

大島周回道路
大島周回道路
基本的に車が写ることは稀だと思われる。
人にも車にも自転車にもほとんど遭遇しません。

大島周回道路
時計回りなので常に左手が海。   のはず。

R0020625.jpg
泉津(せんづ)あたりでしょうか、好天と相まって海の色も鮮やか

R0020627.jpg
いつもより清々しいQさん

食堂
食堂ちび
食堂がみつかりません。港を離れると食堂どころか売店もない様子。
地元の人に聞いてようやく見つけた食堂ですが満員で待ち時間有

らーめん
しかも、らーめん かよ (笑)
メニューには麺類と餃子とチャーハンしかありませんでした。
予想したとおり昔懐かしい〝海の家〟のラーメンです。
魚大好きなのに、、、伊豆大島なのに、、、

登り
〝登 り〟
大島には登りしかないのかと思いました。
緩やかなのでまだましなのですけど、登っても登っても登りが続くという印象です。
多分キョンやリスなどを見掛けました。それと多分キョンの罠が多数仕掛けてあります。
多分キョンは島の嫌われ者なんでしょう。
因みに房総でも〝行川アイランド〟から逃げ出したキョンが増えて地元住民は困っています。
悪いのは〝行川アイランド〟なのに住民もキョンも可哀想です。

MTBなら、
これぞ大島という景色です。ジムニーが元気に登っていきました。
「ジムニーなら登れるんだ」と話していたら普通の車も登っていきました??
もしかして、どこか近道?

溶岩よけ
溶岩よけ?
〝溶岩よけ〟でしょうか?10m弱のトンネル状

月と砂漠ロード
〝月と砂漠ライン〟の起点
Qさん曰く 『本場千葉県人ですから登るしかないでしょう。』

登り
やはり凄い登りでした。
登りながら思い出したのですが千葉のは「月の砂漠」ですがな!
結局、私は千切られ二人が終点地点から引き返してきました。
駐車場があってそこから徒歩で登るようになっていたそうです。

波浮港附近
波浮港附近
上の図のように〝月と砂漠ライン〟を頂点に波浮(はぶ)港附近まで一気に下ります。
車もほとんどないし砂や砂利などもなく綺麗な舗装道路なので本当に気持ちのいい下りでした。
ナビゲーターのQさんが「筆島へ寄るのを忘れた」と云っていました。
この時は何のことかよく分りませんでしたが帰ってからwebで調べて何のことだか分りました。

地層断面
地層断面
なぜこの断層が現われたのか知りませんが実物を見ると結構な迫力です。
この地層のひとつひとつに壮大な歴史が詰まっているんですね。

太平洋パノラマ
太平洋パノラマ
地層断面の対面は大パノラマです。
案内板には〝利島〟〝式根島〟〝三宅島〟などの方向が示されていましたが霞がかかって見ることはできません。
ここまでくれば到着も同じです。

お疲れサマンサ
お疲れサマンサ
ホテル到着後『元町浜の湯』という露天風呂に自転車で行きました。
タオルを持っていくのを忘れてしまったのですが露天なので結構素早く乾きました。
水着着用と云っていたので人目につく露天風呂かと思っていましたが〝混浴〟でした。
一昔前の娘さんが一人だけいましたが水着で風呂に入るのは少し違和感がありました。
 そして砂はらい &食 事timeです♪
大島ということで海の幸三昧を想像していましたがそうでもありませんでした。
自分でバンバンする天ぷらはちょっと面倒でしょうか・・・

因みに、朝食はアジの開き・焼きのり・温泉卵・味噌汁等 超定番でした。
なぜか旅先の超定番朝食は旨いんですよねー

HOTEL 白岩
HOTEL 白岩
宿泊した白岩ホテルです。お世話様でした。
夜は即行で寝たのですが暑さと物音で起きてしまいました。二人は起きているようです。
寝苦しいです。鼻も詰まっています。
鼻が詰まるとイビキをかいてしまうので二人を起こしてしまったのでしょうか?
花粉症用の点鼻薬を注して暫くすると鼻が通りました。
部屋の中はカラカラで、冷蔵庫の水を飲み喉を潤して眠りにつこうと努力しますがなかなか寝付けず携帯に入れた音楽をイヤホンで聴きながらボケ~~っとしているうちに眠くなりました。

月曜日は仕事なので10:45AM発のジェット船に乗ります。

元町港へ
元町港へ
楽しい時間も終わり帰らなければなりません。
元町港待合所の近くでお土産を買って船を待ちます。

あんこ椿
あんこ椿
港附近をウロウロしていると見知らぬ女性から写真を撮ってくれと声を掛けられました(笑)
大島に来て初めて見たアンコ椿です。貴重品です。

ポスト
元町港前のレトロなポスト

壁画
元町港に着くと迎えてくれるタコの絵です。
このタコ女性を襲おうとしているようですが女性は気付いていません。
写真の男性も女性も迎えてくれません。迎えてくれるのはタコレンタカー屋です。

愛
東海汽船のジェット船は〝愛〟〝夢〟〝虹〟の3隻らしいです。
 夢で来て愛で帰る。 メルヘンです。

午前の出航なので船内はガラガラですが相変らず波を感じない航海です。
写真手前のピンクが〝愛〟後ろが〝虹〟です。

竹芝桟橋より
竹芝到着

竹芝桟橋到着
竹芝客船ターミナル

竹芝桟橋到着2
竹芝で昼食をとり
浜松町駅へ電車内で解散しました。

JR千葉駅
JR千葉駅の人気の少ないところでスロー・パンクチャーしたフロントタイヤに
空気を入れ自転車で少し遠回りをして帰りました。

桜の花びら

桜の花びら


自宅近くの桜並木を通ると花の絨毯状態

同行のQさん、Gさんありがとうございました。
  伊豆大島は思っていたより坂の多い所でした。
  小径車をチョイスしたのは失敗だったし、
  ケアレスミスで迷惑を掛けてしまいました。

それでも楽しい楽しい二日間でした。
また、行きたいな大島 ♪

Category :  自転車
tags : 
連合いの誕生日に以前から欲しがっていた〝光るキーボード〟を買ってあげた。
誕生プレゼントなんて何年振りでしょう??

光るキーボード

まぁ、あの光を追いかけて曲が弾けるようになるとも思えないのですけど200曲入っていてSDカードにも対応しているしマイクもあるのでカラオケにくらい使えるか・・・

誰かキーボード奏者募集していませんか?  (笑

そうこうしているうちに荷物3弾が届く
荷物-3

明日・明後日大島でチャリを楽しんできます。
上写真のチューブが間にあったので
KHS F20-T2のタイヤ交換したらなんとなくフロントハブがガリガリした感じが、、、

ハブ


ばらしてオーバーホールをしてしてしまいました。
ついでですからリアも
自転車はこれでok これから旅支度です♪


Category :  自転車
tags : 
開催日程: 2009/04/06 ~ 2009/04/11
開催国: スペイン
レースカテゴリー: プロツアー

vueltapaisvasco
vueltapaisvasco

コンタドール、クネゴ、エヴァンスといった面々と共にブイグテレコムの新城幸也選手が出場している。
第1st は距離142.5kmの山岳ステージ 5'15"遅れの92位だそうだけど

1位 3h28'43" 3.47861h →Avs. 40.965km/h
92位 3h33'58" 3.56611h →Avs. 39.959km/h

500m級の山々を含めて平均時速40kmで走る新城も凄いけどそれでも157人中92位

因みに上に記した3選手はいずれもトップ同タイムです。
自転車レースが他のレースと違うところのひとつはこの〝同タイム〟扱いです。
団子でゴールした選手は皆、同タイムとなります。同タイムなのに何故ゴール前でスプリントするかといえば順位を決めるためです。
順位でポイントを貰ったり、美女にキスしてもらったり、今はあまりないみたいですがマイナスタイムを貰ったり。
少し解りづらいルールや慣習があります。

 厳しいところで仕事しています。
 頑張って欲しいです。



2009/04/06
F20-T2 初乗り

Category :  自転車
tags :  KHS サイクリング
10AM 携帯のベルで起きます。  ※4/7 着信履歴をみたら10:47AMのtelでした。
知らないナンバーです。

 相手 「birdさんですか?」
 自分 「違います」
ガチャン(本当はこんな音しませんよね)
暫くして ・・・ 『ア゛ッ!! オレbirdだ!』
リダイアルする。
 自分 「スミマセン寝ぼけてました」
 相手 「△#●×※!!」
なんと自転車仲間の Bさんでした。
近くにいるから来なさいと云っているらしいです。

今朝まで弄っていたKHSなら直ぐ走れる状態です。
 自分 「は~い」
現在位置と行き先を聞き出掛けます。
思わぬKHS F20-T2のシェイクダウンとなりました。

桜並木
  なんと桜満開でした

いてくれ~という気持ちでそば屋「右佐衛門」へ  ※「宇左エ門」でございました以下訂正
「宇左エ門」

いません・・・
ボトルに湧水を頂いて進むことに
湧水

ついでに「宇左エ門」さんの前の「日枝神社」で手を合わせます。
日枝神社
それが効いたに違いありません! この直後一行に合流出来ました。
そして即昼食タイム♪
勿論「宇左エ門」です。ここは千回くらい通っていますが朝は開店前、帰りは閉店後というタイミングになってしまう位置取りなのでまだ数回しかきていませんが美味しいです。
三色そばを注文
三色蕎麦



「奈良の大仏」へ行ってきたそうです。私は千回くらい行っていますから「奈良の大仏」とは友達です。
ネーミングはいいのですが奈良という集落にある3~4回行けば千回行った気になるようなやや小さめな大仏様です(笑

食べたら帰る。珍しくパンも食わずに帰るGさん

Gさん

FさんとBさん

Fさん、その他

Gさんはこの近所らしい。「ユニモちはら台」前で別れる。
さらばGさん

村田川沿い

左端がこの日のルートリーダーのTさん、常にトップ引きしてくれました。お疲れ様でした。
千葉市街地

稲毛海岸沿い

集合・解散場所 皆さんはこの時点で70km位だそうです。
集合・解散地点

私は50km位でしょうか、少し寄り道しながら帰ることにします。
まずはお気に入りの場所へ
好きな場所

次もお気に入り「花の美術館」です。レストランもあります。
花の美術館

花の美術館

花の美術館

花の美術館

花の美術館

花の美術館
もし未だ行ったことのないお近くの人がいたら是非行ってみてください。
一年中花だらけの素敵なところです。ここで大分時間を費やしてしまいました。

でもこの日は「花の美術館」でなくても桜満開でした。
桜満開
  磯辺の団地内の桜

桜満開
  稲毛の公園の桜

稲毛の公園の桜
  稲毛の公園の桜

R14トヨタ前の桜
  R14トヨタ前の桜

千葉県スポーツセンターの桜
  千葉県スポーツセンターの桜

千葉市動物公園の近所も通ったので逃げた〝アフリカハゲコウ〟がいないかと上を見ながら走っていましたが見つけられませんでした。
帰ったらニュースで捕まったと放送してました。

いろいろ寄り道したのでこの日の帰着は19時近くになってしまいました。
暑くもなく寒くもなく花粉も少なく花だらけの最高のサイクリングでした。
Bさんに起こされなければ昼過ぎまで寝ていたんだろうと思うと感謝!です。
帰宅直後J SPORTS の自転車レース〝ツール・デ・フランドル〟も観ずに寝てしまいました。
 同行させて頂いた皆さんありがとうございました。


ところで、KHS F20-T2のインプレッションですが
小径車は良く走ると耳にしていましたからちょっと期待が大きすぎたと思います。
ロードバイクと比べたら遅いし重いし疲れます。
MTBと比べたら速いと感じるし軽く感じます。
冷静に考えるとやはり世間で?よく走る?というのはその通りだと思います。
ただ、小径車は登りに強いと聞いたことがあるのですがそれは違うと思います。
登りはロードやMTBに及びません。

こいつで今までほとんどしなかった?輪行?を楽しみたいと思っています。

dist 90.0km
AVs 18.9km/h
AVh 139hpm
AVc 62rpm


2009/04/05
F20-T2 改造

Category :  自転車
tags :  KHS メンテナンス
某auction で購入した KHS F20-T2 ですが
やはりこのままではちょっとという部分もあります。
多少弄ってみます。

最初は手持ちのペダルとステムを交換しました。

ステム交換


ステムでが60mmのものが付いています。私は167cmどちらかと云うと小柄な部類ですがそれでも窮屈な仕様となっています。ママチャリにしか乗っていなかった人にはこのくらいが適正なのでしょうか?それでも平均的な身長の人には短過ぎると思います。
 さて、注文第一弾到着

お荷物到着

Vブレーキの交換
TEKTRO のものが付いていますがやはりイマイチの様に感じます。
今回は懐具合の事情により部品のスペックは値段での判断です。
VブレーキですがシマノLXにしました。
重量はほぼ同じですが効きは全く違います。
shimano  LXBR-7600

テクトロ(旧)とシマノ(新)

ブレーキの長さとシューの形状が全く異なります。
最も違うのは効きとタッチです。

グリップの交換
バーハンドルの長さが600mmもあり小径車なのに不恰好だしバーエンドを握ると広すぎます。
ハンドルを切断する為にグリップを外します。
これは以前MTBのグリップ交換をするとき外せずにカッターで切って外した経験があり皆さんに覚えて頂きたいと思います。

1) グリップ端部にシリコンオイルスプレーまたはパーツクリーナーを注入する。
グリップ01

2) 細い棒状のものをねじ込みます
本当は竹串など金属でないものの方が傷が付かずベター、今回は取りに行くのが面倒なのとグリップが堅く竹串では折れてしまいそうなので細いプラスドライバーを突っ込みました。
傷が付くのはグリップに隠れる部分ですし。
グリップ02

3) 出来るだけ奥へ突っ込みます。その脇の隙間からスプレー式の噴出口アタッチメントを挿入します。3ヶ所くらいやるといいと思います。
グリップ03

4) グリグリとねじりを繰り返します。段々と固着した部分が剥がれていくのが分ります。剥がれてきたら引っ張ります。
グリップ04

5) はい、抜けました。やり方さえ知っていれば簡単なんですけどねー
  幸い傷は付いていませんでした。
ゴムを侵す成分が入っているものが多いですから何を使ったにせよ外したら直ぐに中性洗剤で洗いましょう。
グリップ05

ライザーバーなのでグリップも切断しないとブレーキレバー・シフトレバーが納まらなくなります。
まぁ、元々長過ぎでしたし。軽量化にも貢献してます。
グリップ06

このグリップもバーエンドもちょっと大袈裟な感じなのでスポンジの軽くシンプルなグリップと小さなバーエンドに交換するつもりだったのですが
グリップは思ったより握り易いのと通販のア○ヒさんにスポンジグリップの在庫が無かったこと。
バーエンドはゴム製で自転車が倒れた時バンパーの働きをしてくれることが図らずも分ったこと。
で、このまま採用することにしました。でもどちらも重いです。
グリップ07

転倒ガード

6) グリップの取付
  取付時にはグリップの内側・ハドルバーの外側を水で濡らしてやればスルスルと入ります。一晩も経過すれば固定されます。(この間にバンドルを27.5mmづつカットしました)
グリップ08

クランク・ボトムブラケット(BB)の交換
デフォルトは50-34のチェーンリングが付いています。50Tでは軽すぎますので手持ちの105のクランクに交換します。52Tのチェーンリングを持っているからです。チェーンリングだけを交換できればいいのですがPCDといって取付ボルトのピッチが合わないのでクランクごと交換します。更にデフォルトのスクエアーテーパーのBBは105のオクタリンクに合わないのでBBをも交換する必要があります。
手持ちのクランク
因みにF20-T2は8速、この105クランクは9速用です。変速性能は落ちますが許容範囲内だと思っています。

クランクはあるのですがそれを留めるボルトがありません、フィキシングボルトという名称少し特殊なボルトです。同じ105が付いているMR-4のを借りることにします。
フィキシングボルトをはずす

これがフィキシングボルトです。自転車業界の恐ろしいところはこのボルトとワッシャーの2セットで たった ¥3,518 ̄です。 安いモンです(笑
フィキシングボルト

私、もし起業するなら自転車部品の町工場がいいなと本気で思います。
 さて、ようやく作業です。まずはクランク取外しからです。

フィキシングボルトは8mmのアーレンキーで外します。左右とも正ネジです。
1) クランクを外すには専用工具TL-FC11が必要です。
クランクはずし
■TL-FC11
■TL-FC15(スエアーテーパーのBBには不要)

2) クランクはずし工具をねじ込みペダルとスパナを握り締めねじ込むとクランクがはずれてきます。
  左右同じ作業です。
クランクはずし

3) ボトムブラケット(以下BB)を外します。
幾つか注意点があります。
 3-1) やはり専用工具TL-UN74Sが必要
 3-2) 必ず左側からはずす
 3-3) 左は正ネジ、右は逆ネジです。ペダルのネジと逆と覚えておきましょう。
これが専用工具、BBに嵌めます。
BBはずし
■TL-UN74S


4) 左ワンを外す。工具TL-UN74Sが外れないよう手で頭を押さえながら反時計回りに回します。比較的簡単に外れる筈です。
BBはずし、左

はずれた左ワンですBB本体を支えるだけの働きです。
BBはずし、左

5) 右ワンを外します。私は外すことを考えてあまり強く締めこまないのですが古い自転車は必ずと云っていいくらい苦労します。
 このF20-T2は一年落ちですから大したことはないだろうと予想していました、、、
ところが、今までで最も苦労することになりました・・・
BBはずし、右
 普通に手で工具の普通に手で工具TL-UN74Sの頭を押えて回そうとしても全く受け付けず浮いて外れてしまいます。
 繰り返すうちにワンの引っ掛りが変形してきます。ネジの頭ナメ状態です。まずいです。
 そこで、写真のようにクランプで工具を押えながら回しますがやはり工具が外れてしまいます。クランプの力は工具が外れるのを押えますが、ネジが緩もうとする動きをも抑えてしまう相反する作用がありますから厳しいのかもしれません。それでも何度となく繰り返しますがダメです。非常にまずいです。
 この作業を何時間やっていたでしょう?もうこれは諦めて自転車屋さんに泣きこむしかないと思い最後にこの写真を撮るためにセットしなおしました。セットしたついでにゆっくりと最後の試みです ・・・ あれ?ナンカ動いた気がします!?
 気が付けば朝です(笑   ホント『ヤッタぁ~』 という気分でした。

BBはずし、右
外れたBBは錆びている様子もありません。単に締め方が強かったということなのでしょうか?

6) BBの取付です。
  BB本体とBBケース内部にタップリのグリースを付けます。反時計回りにねじ込みます。
BB取付

  この日はよくよく尽きが無いようです。
入りません、、、『あれ~?』  BBを見ると「70」という数字があります。BBの巾のことです。
巾は2種類あって
70は、「イタリアン」と云ってカンパニョ~ロなどの仕様です。
68は、「JIS」です。シマノはこちらです。
 つまり間違えて購入してしまいました。グリースまみれにしてしまいましたし返品不可でしょう。
仕方なくまたまたMR-4から外しての取付です。MR-4がどんどんバラけていきます。
 因みにMR-4は自分で取り付けたので直ぐに外すことが出来ました。

7) クランク取付
  取り付け自体はクランクを嵌めてさきほどのフィキシングボルトで締めこんでいくだけです。
今回はチェーンリングが50Tから52Tへの変更ですからフロンディレーラー(FD)を上へずらします。
クランク取付

歯の凸と間が3~5mm位でしょうか? 目測です。
新品だと間隔を示したシールが貼られていますが測ったことがありませんでした。
クランク取付

長くなってしまったので以下端折ながら進めます。

チェーン交換
やはり、チェーンは換えたいものです。
チェーン切りでカット→長さを合わせる(フロント一番大きいチェーンリング・リア一番小さなギアにセットした時、RDのガイド/テンションプーリーが鉛直になる長さ)→取付・取外しが容易なミキシングを付ける
チェーン切り
ミキシング

ケーブル交換
インナーケーブルの一部とアウターのほとんどを交換しました。
シフトのアウターケーブルが少し不足してしまい一部黒い(古い)ままです。
注意しているのは必ずアウターの切り口を千枚通しなどでグリグリして正円にすることです。
アウターケーブル

サイコン TR300TW
自転車を趣味にしていない人はサイコン(サイクルコンピューター)というとちょっと大袈裟なネーミングだと思うと思います。まあその前に『再婚』が思い浮かびますね。
近頃のサイコンはその名にふさわしく
 ・スピード・時計機能は勿論
 ・ケイデンス(クランクを回す速度、タコメーターのようなものです)
 ・ハートレートモニター(心拍計)
 ・消費カロリー
 ・ラップタイム計測
などが可能です。
 TREK にはポラール社のCS200CADというサイコンを使っていますがワケあってこのCATEYE社のTR300TWという製品を買ってみました。
TR300TW

ワケとは下の写真です。ポラール社の製品ではこの様な使い方は出来ません。
最低でも10~15cm程度離さないとGPSとサイコンの電磁波が干渉し合いどちらかが正常機能しないのです。
ただ見当違いだったのはケイデンスセンサーとスピードセンサーが一体型なので普通の自転車ならよいのですが小径車ではホイールとクランクの重なりが少ないため既定位置より少し離れてしまいます。まぁなんとかギリギリで感知しているようで18inch以下の小径車では取付出来ない可能性があると思われますので注意してください。

R0019980.jpg


  そんなこんなで朝6時に就寝。
  10AM Bさんからtelで起床。(寝ぼけて一度切ってしまいました)
  近くにいるから来なさいとのことです。
  眠かったのですがF20-T2は直ぐに乗れる状態だったし乗ってみたかったので
  イソイソと出掛けて行くのでした・・・

      ※4/7 着信履歴をみたら10:47AMのtelでした。
          だいぶ寝ぼけていたようです ^^;


要注意) 私は自転車初心者の素人です。メンテの手本を探すならもっと良いサイトを探してくださいね。



2009/04/02
千葉神社

Category :  未分類
tags :  ALLEZ ポタリング
先日紹介したのは 千葉寺で 今回は千葉神社です。
千葉市中央区院内という千葉市中心街にある神社です。
千葉寺は〝ちばでら〟ではなく〝せんようじ〟と読むのだけれど
千葉神社はそのまま〝ちばじんじゃ〟です。

少し前の3/28(sat)に specialized ALLEZ で出かけました。

②分霊社・尊星殿
②分霊社・尊星殿 正面門です。

②分霊社・尊星殿
②分霊社・尊星殿境内側から見ています。

①社殿
①社殿

①社殿
①お参りをする人

⑥延寿井・手水舎
⑥延寿井・手水舎

③摂社・千葉天神
③摂社・千葉天神

④境内末社
④境内末社

知恵の輪くぐり神事
知恵の輪くぐり神事

前の公園 1
前の公園から

前の公園 2
前の公園の東屋(休憩所)

前の公園 3
同じく公園のオブジェ

千葉神社を離れ 千葉公園 へと向かいます。

千葉公園 1
自転車なら 6~7分ほど

千葉公園 2
左 綿打池、右 蓮華亭 蓮華亭の前は名前の通りハス池です。

千葉公園 3
桜は2~3分咲き

千葉公園 4
さあ、帰ります。

途中若葉区にある〝大聖寺〟(だいしょうじ)へ寄ります。
大聖寺 1
仁王門 左右一対の金剛力士像が安置されています。

大聖寺 2
仁王門をくぐったところ正面が本堂

大聖寺 3
金楼、金撞堂ですね

阿吽の阿
向かって右の仁王様。阿吽の〝阿〟

阿吽の吽
そして左の仁王様。阿吽の〝吽〟


当たり前ですが千葉寺の仁王様とは異なります。像高2.8m 結構大きく迫力ありますがとちょっと愛らしい雰囲気です。でもなんだか乳首がヘン!?

28kmほどのゆっくりポタでした。

Category :  自転車
tags :  KHS
自転車屋さんでKHS F20-T』というチャリを探したのですがなかなか見つかりません。
そんな時、某 auction を見ているとF20-Tの上位機種のF20-T2が出品されています。
F20-T の2009年新車より少し安く F20-T2 の2008年中古あまり考える事もなくポチっと即決価格を入れてしまった。

2008年式 輪行のみの使用というこなのでほとんど新車状態を想像しました。
汚れと油をふき取って送るとのことです。
そして来たのが画像の白い KHS F20-T2 デス。

  KHS F20-T2

写真だと解らないけど ”汚ねぇ━━━━━ !!”

どう考えても輪行のみの使用とは思えない。まぁ丸一年間1週間に4回位輪行していたらこうなってもおかしくないのか・・・
絶対2008年より古いものだと思ったのだけれどKHSのwebをみると F20-T2 は2008年からのリリースだそうだから年式は間違いないようだ。。。

チェーンとディレーラはヘドロ状の油がこびりついている
ボルトなど鉄の部分は漏れなく錆びている
雨ざらしだったのだろう。
なんというか自分の自転車をこんな扱いしている人もいるんだなと思いました。
結局、丸一日掃除・錆び落しして少しは見られるようになったかなぁ

不思議なもで一日ナデナデしていればもう愛車になってしまっていて
手持ちである部品を交換した
ステム・ペダル・クイックレバー・サドルくらいだけど
更にサイクルコンピューター・ボトムブラケット・ブレーキ・ワイヤー類・タイヤ・チューブ・ボトルゲージ台座などをポチっと・・・ 予算オーバーです。

こいつを担いで輪行を楽しみたいと思います。
まぁ、その前に少しいじらないと、、、


  ありゃぁ~
  あまりの汚さに猫も気絶


  KHS F20-T2 そうじ後
  そうじしてペダル・クイックを交換、まだサドルとステムは交換していない。
  写真ではあまり変わらないけれど実物は全然違います。



テーマ:小径自転車 - ジャンル:趣味・実用