fc2ブログ

近くへいこう blog

房総をオートバイや自転車であそぶオヤジです。

Category :  ビリヤード
tags : 
今、ブエルタ・ア・エスパーニャという三大レースが行われているのですが一度も題材に揚げていないのは一度も観ていなかったからです。

b000.jpg


一昨日13stと昨晩14stを初めて観ました。
丁度山頂ゴールの面白いステージでしたが割りと好きなカデル・エバンスのパンクによる遅れシーンが最初の映像でした。

ブエルタが終わるとビリーヤードをやっていました。
ビリーヤード中継はほとんどがポケットなのですが珍しくスリー・クッションです。
手玉を撞いてクッションに3回以上いれて二つの的球に当てるゲームです。
プロは持ち点が30点、先に30点取った方が勝ちです。

観ているだけではただ当てているようにしか見えませんが、勿論勘で狙う玉もありますが多くの場合システムという計算で出せる玉です。

以下はファイブアンドハーフという代表的なシステムです。
クッションにはポイントがついていてそれを目標にします。ボーリングのレーンについているポイント、バット(?だっけ)と同じです。

b001.jpg
手玉は手前の黄色です。白い玉に当てて長・短・長クッションにいれて赤球に当てます。裏廻しといいます。
計算は赤に当てるためには右の長クッションの5ポイント目よりちょっと長め52ポイントくらいです。
手玉の出所は短クッション60強くらいです。
62-52=10 ですから順捻り(手玉右上を撞く)で左長クッションの一つ目のポイントに入れば当たる玉です。

b002.jpg
計算通りにはいかないもので2つ目20ポイントあたりにはいっています。
62-20=42、 四ポイント強に出るはずです。

b003.jpg
やはり、42~45くらいから出ていますから〝短く〟外していました。赤玉の手前側へはずすと〝長く外す〟といいます。

この様にプラスツー・システムとかリボイス・システムとか他にもようようなシステムがあってそれに基いて撞いているのです。
因みにポイントに数字が入っていないのはシステムや方向などでポイントの値が変わるからです。

ビリヤードの講釈という訳ではなくて、この人たち計算ずくですよというお話でした。


さて、
昨日の日曜日は4時半過ぎに千葉ポートタワー・稲毛海岸・千葉ポートタワーと40kmくらいポタしました。
暑くなく寒くもなく花粉もなく快適な季節です。


a001.jpg

a002.jpg

a003.jpg

a004.jpg

a005.jpg

a006.jpg

a007.jpg

陽も短くなってきたので 夕方に出掛けるとすぐ暗くなってしまいますね。
暗くなることを気にせずゆったり走るのも気持ちがいいです。


dist  40.2km
time 02:01


Read More...

スポンサーサイト



Category :  ビリヤード
tags :  ビリヤード
先日の日曜日ちょっと風邪気味だったのですが久し振りに玉撞屋さんへ行ってみました。
久し振りと云っていいのか17~18年ぶりだと思います(笑)
玉撞には、キャロムという玉を当てるゲームとポケットに大別出来ます。当時一緒に撞いた人もポケットとキャロムでは全く異なる人達です。
ポケットはほぼ全員10歳位年下の若者でした。キャロムはほとんど年上の人達で何人か同い年の人がいました。

ビリヤード場ですが、よく行っていたポケット・ビリヤード場は閉店してしまっています。
それで、キャロム(スリークッション)を撞いていたビリヤード場へ行きました。

オーナーは覚えていてくれて置きっ放しにしていたポケットキューはハウスキューとして使っていたようで持ち手のヒモがほどけていました。3Cキューは多分どこかに仕舞ってあるとのことです。
お客さんにも覚えてくれていた人が数人いました。

台の配置は変わっていて 3C台×2・4玉台・ポケット台 という並びです。
空いているのもポケット台だけです。
暫く昔話をしてポケットを一人撞きしていました。

最近スカパーのビリヤードをよく観ていたのでイメージトレーニングはバッチリでした。
ただ、イメージはイメージでしかないワケで、、、
まぁ、TVで観たのはプロだしねぇ~


20年位前
ポケットのローカル試合風景です

嫁もやっていました
バンキング(初球=先行を決めます)

当時有名人
昔も今もフィリピン人が最強です。有名なプロです。
しかし、レトロな写真群です。


暫く一人撞きしていると3C台が2台とも空いてしまいました。
オーナーが「やってみなよ」と云ってくれます。
tori  「いやー、今日はいいですよ。キューもないし、10年早いですよ。」
オーナー「やらないと慣れないよ。一緒に撞こうか?」
tori  「そうですか、じゃすみませんが一人撞きさせて下さい。」
キューは、亡くなった昔よく一緒に撞いた人の置きキューを借りました。

という訳でいよいよ3Cに挑戦です。ポケットの玉よりぐっと重くなります。
それで、暫し一人撞きしていると3Cのお客さんが来ました。
オーナー「少し慣れたでしょう、相撞きしてみなよ。」のお言葉で相撞きすることとなりました。

そんな感じでなんと5時間半も撞いてしまいました。
持ち点も解らない状態ですが一応15点でやりました。3ゲームで最高11点、一度も上がることは出来ませんでした。
でも、やはり面白かった。

cookie&ball
 そして、今日私が作ったクッキーです。
 13番と15番球を添えてみました(笑)


帰りがけ、3Cの試合のDVDを貸してくれました。
また行くしかありません。。。  ね。